輸出入に関する仕事

ウーマン

実際に働く場合は

輸出入に関連する企業の事務業務は貿易事務と言われており、その業務は輸入と輸出の二つの大きく分かれている。輸入業務としては貿易商品の納入管理を行う必要があり、その他には通関手配なども行うようだ。一方で輸出業務としては書類作成や郵送便の手配を主に行っている。貿易事務はパソコンを介して行うが、物流の調整などは社内や社外の方々と行うので、ある程度のコミュニケーション能力が求められる。また海外との交渉には英語をはじめとした語学力が必要となり、書類の作成にあたってはスピーディな事務処理能力も必要となる。更に通関に関するより専門的な業務を行いたい場合は、国家資格である通関士資格を持っていると良いだろう。貿易事務として実際に働くためには、正社員や契約社員として企業と直接契約を結び働く方法と、派遣会社に登録して派遣社員として働くという方法がある。正社員や契約社員の場合は企業に自ら連絡をとり採用のプロセスを踏むが、派遣社員として働くためには、まずは派遣会社への登録が必要となる。派遣会社への登録は、web上で氏名や学歴・職歴といった簡単な項目を入力し、その後派遣会社に赴き面談などを行い、希望する職種や業界といった個人情報を登録する方法が一般的である。登録後は条件に合う仕事が見つかれば派遣会社の担当者から連絡があり、相手方の企業との面談などを経て採用となる。連絡を待つだけではなく、自分自身でも派遣会社の検索システムを利用し、気になる貿易事務の求人があれば積極的に担当者に連絡をとるようにすると良い。